top of page

お豆腐メンタル-3回生 TR 松下 真央-

OBG、関係者の皆様ならびに保護者の皆様、いつも弊部への多大なるご支援と温かいご声援ありがとうございます。今後とも熱い応援の程、よろしくお願い致します。




平素よりお世話になっております。

3回生トレーナーの松下真央です。




まずはブログを回してくれた、SDF 三浦 功大の紹介をしたいと思います。




学部・学科・専修まで一緒の功大のことは入部前から知っており、プレイヤーの中では1番長い時間を過ごしてきた仲だと思っています。レポートを締め切り当日に書き始めるのが当たり前みたいな、KAT-TUNのようにギリギリで生きている私とは違って、1週間前には終わらせるしっかり者の功大には沢山助けられてきました。そして何より功大は、神様みたいな寛大さを持つ優男です。そんな見返りを求めない優しさと、何度怪我をしても乗り越えて試合で活躍する強さがある功大のことを心から尊敬しています。

「高級」焼肉楽しみにしててね^ - ^











気づけばもう8月、最近すごくすごく暑いですよね。

私の、''世の中で許せない事ランキング''第9位は肌荒れなのですが、練習中紫外線にさらされ汗をかくおかげで肌は荒れて気分は落ち込みがち、暑さで頭はボーッとするし、何度補充しても終わりがみえないボトル補充、遠くの草むらに飛んだボールを探しながらふと「私何してるんだろう、、」と最も考えてしまう季節は夏だと思います。




こんな感じで、体力も精神力も暑さに奪われそうになりながら練習しているわけですが、一瞬にして暑さとしんどさを忘れる瞬間が存在します。




それは、




納得のいくテーピングが巻けた瞬間、効率よくメニューを作り練習がスムーズにまわった瞬間、他のスタッフの努力を垣間見た瞬間、補充したボトルをプレイヤーが「めっちゃ冷えてる」と美味しそうに飲むのを見た瞬間、クリースを引き直していたら上手いねって褒めてくれた瞬間、身体が痛くても練習抜けたくないからがんばると言われた瞬間。




そして何より、ありがとうをもらえた瞬間と試合に勝てた瞬間です。




こんな小さなことでと思われそうですが、こんな小さな瞬間が私の大きな原動力です。

特に、ありがとうをもらえた瞬間と試合に勝てた瞬間に勝るものはありません。

ありがとうと伝えてくれる人が沢山いて、そして強くてかっこいいラクロスを見せてくれて、このような素敵な環境と人に囲まれて部活が出来ていることに感謝しています。




しかし、嬉しい瞬間なんてものはずっと続くことはなく、




スタッフなら誰もが一度は考えるであろう自分の存在意義について悩まされる瞬間や、もっとこうするべきだったと後悔・反省する瞬間、上手くやろうとすればするほど何もかもが上手くいかなくて落ち込む瞬間、努力したこと程散々な結果に終わる瞬間、また形として目に見えなくてやるせない瞬間。




ラクロス部に入部して3年目を迎える今日まで、こうした決して楽しいとは言えない瞬間にも沢山出会ってきました。




毎回練習や試合が終われば必ず、あの時こうすればもっと効率よくまわせたなとか、ボトル動かすタイミング良くなかったかなとか、凄く小さなことでも思い出して1人反省会を開催してしまうほど変に完璧主義で気にしすぎな性格の持ち主である私は、不名誉ですがお豆腐メンタルランキング上位に君臨する自信まであります。




ですが生まれて20年、伊達にお豆腐メンタルで生きてきたわけではありません。

考えすぎたり落ち込んだりすることが多すぎて、最近では開き直るという境地にまで来てしまいました。開き直る、というより受け入れることが出来るようになったという感じでしょうか。




多くの人は、落ち込んだり悩んだり、しんどい思いをすることを出来るだけ避けたいと思うはずです。ですが、そのようなときこそ避けずに受け入れることが出来たのなら、それは"ただ辛い"ことから"価値あるもの"へと変化します。受け入れる事で辛さと向き合い、そこから次に繋げるきっかけを得ることが出来ると思うからです。




「弱さは強さ」




中学生の時にこの言葉を貰ってから時々思い出す言葉です。

辛い時、失敗した時、怖い時。

あらゆる弱さに出会った時、それは私たちの武器となり強さとなり得ます。

私と同じようにお豆腐メンタルをお持ちの方、また普段は強靭なメンタルの持ち主であっても、辛い時・思い悩む時があれば、どんな弱い部分も強さに変えることが出来るのだと自分に言ってみてください。たぶん0.1ミリくらいは元気になれるはずです、!







最後に、








私たちは今年、目標である"学生日本一"を達成します。






日本一を獲るまでの間、沢山の辛い瞬間が訪れると思います。






だけどそれはきっと、''日本一''という最も嬉しい瞬間を味わう為の欠かせない調味料の一つみたいなものです。辛い瞬間が訪れたときには、"日本一"をより美味しくする為に必要不可欠なものだと思って、辛い瞬間を最大限利用し、そして何よりその瞬間までをも楽しみましょう。

どんな瞬間も日本一に繋がっているはずです。









長く拙い文章となってしまいましたが、ここまで読んで頂きありがとうございました。

8月11日に、関西学生ラクロスリーグ戦が開幕致します。暑い中ではありますが、是非会場に足を運んで応援して頂ければ幸いです。




次にブログをまわすのは、FO 小林 隼希です。

しゅんきは日々授業とバイトと遊びで忙しそうで、ラクロスをする時間はあるのかと不思議で仕方ありません。また普段はにこにこと穏やか、めちゃくちゃ自由人でラクロスに対してそこまで熱そうには見えないのですが、フェイスの時の活躍ぶりは本当に凄くとても格好良いです。きっと忙しい合間を縫って、陰で努力を重ねているのだと勝手に思ってます。そんなしゅんきの活躍をリーグ戦でみれることを楽しみにしています!

じゃあ次お願いしますっ

Comentarios


bottom of page