top of page

この大きな壁を乗り越えた先に、成長が待っている-新4回生 ATリーダー #1 橋本拓久-

こんにちは。

今年度、ATリーダーを務めさせていただきます橋本拓久と申します。



平素よりお世話になっております。

OBG、保護者をはじめとする関係者の皆様、日頃より関西学院大学体育会ラクロス部男子への厚いご支援、ご声援に対し、御礼申し上げます。



今年も学生日本一という目標を掲げて私達は活動していきます。今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。



はじめにブログを回してくれた友久翼を紹介します。

彼はプレイヤーとしてとても頼りになる男であり、運営面でもチームを支えてくれています。試合では誰よりも激しいチェックとコンタクトでボールダウンを量産し、一方で試合外では公式戦の運営などをしてくれています。いつもありがとう。そんな彼ですが、少し不器用なところもあります。集団行動が苦手だったり、気持ちの浮き沈みが激しかったり、、笑。でも最初から完璧な人なんかいません。この一年で副将として相応しい男になってくれると信じています。

あと僕の記憶では、1対1の勝負は僕の方が勝ち越しです笑。




それでは、本題に入りたいと思います。



昨年FINAL3同志社戦敗戦。



なぜ負けたのか、実際に試合に出て感じたのは、一体感の差だった。関学には一体感がなく、同志社にはあった。そして、今シーズンを始めるにあたって、関学ラクロスに足りないものは何かを考えた結果、今年は去年にない一体感のあるチームを作ろう。そうみんなで決意した。

じゃあみんなの言う一体感とは何なのか。

その定義は何なのか。





"全員がチーム愛に溢れていること"

"このチームに所属していることに誇りを持っていること"




正解はないと思うが、僕個人の意見としてはこうだと思っている。チーム愛や誇りがあれば、チームの一体感に直結するんじゃないかなと思う。じゃあ、現時点でチームに対してこのような想いを抱いてる部員は何人いるのだろうか。おそらくいないだろう。でも今シーズン終わったとき、全員がチーム愛に溢れ、誇りを持てていたらどうだろう。そう思えば思うほどワクワクするし、そういう組織が日本一を取れると確信している。




しかし、そんな中あることが起きた。


それは関学の4回生は誰もアフター(練後の自主練)に参加していないのに対し、武者で来ていた他大の4回生はアフターに参加していて、さらに関学が落として帰ったテーピングなどのゴミを拾って帰ってくれたという。



4回生で作った

"関学ラクロスに携わる全ての人を愛し、最高に熱狂的な集団になる"

というビジョン



このビジョンを達成する気があるのかと後輩から申し出があった。ビジョンに対して行動が伴ってないんじゃないかと言われた。後輩の言う通り、伴っていなかった。チームのトップである僕ら4回生が行動で示せていなければ、後輩がついてくるわけがない。本当に申し訳ない。



この件に関して、僕は数人の後輩に対して謝罪と行動を改めると言ったと同時に、協力してほしいとお願いをした。

ビジョンを達成することはとても難しい。だから許してほしいというわけではない。もちろん4回生が1番ビジョンに対しての行動の責任がある。しかし、後輩の協力もあれば、よりビジョンの達成に近づけると思っている。だから力を貸してほしい。



別にアフターに絶対に参加しないといけないわけでもなければ、誰かが落としたゴミを絶対に拾わないといけないルールなんてどこにもない。


でも、僕らは最高に熱狂的な集団になるというビジョンを掲げている。このビジョンを達成する上で、アフターは参加するべきか、ゴミは拾うべきか、この基準で考えれば自ずとどういう行動を取ればいいのかがわかってくる。




4回生へ

後輩ほど先輩の行動を見てるよ。

先輩がやっていないことは後輩もしないし、逆に先輩がやることは後輩もやる。良いことでも悪いことでも。

もっと自覚持って行動しよう。もう一回どういう姿になりたいのか。なんで日本一を取りたいのか。そこを考え直して、行動しよう。




下級生へ

本当に不甲斐ない姿を見せていると思う。申し訳ない。でも、最初から完璧な人なんていないとも思っている。多分今後もおかしいなと思う瞬間はあると思う。その度に僕ら4回生は成長して、必ず最高の景色をみんなで見たい。だから、ついてきてほしい。







"ATリーダー"





僕は今までの人生で一度もこのようなリーダーをした経験がない。さらに歴代のATリーダーのような技術や頭脳も持ち合わせていない。リーダーとして責務を全うできているのか、OFのテーマである「泥臭く」を体現できているか、そんなことを思いながら毎日葛藤している。



でも、そんな中1つだけ確信していることがある。それは"ATリーダー"という責務を果たせた時、僕はラクロスという面でも人間性という面でも大きく成長しているということ。



最近、シュンソクさん(今年度組織マネジメントコーチ)と電話をしたり、他大の同期と話して、自分が成長していることを実感している。



そんな中、僕が思うことは自分の成長に一番期待するのは自分だなと。

自分が一番点を取る未来、チームを完璧に引っ張ってる姿、自分が一番活躍して日本一になってる未来を想像する。だから、壁にぶつかったとき、この壁を乗り越えた先の自分はどんな成長を遂げているのだろうか。そう思うとワクワクする。




「この大きな壁を乗り越えた先に、成長が待っている」




最近のモットーであり、これからの心の支えになると思う。とてもシンプルでありきたりな言葉だけど、こういうのが一番良い。




僕はATリーダーとして、チームを引っ張る立場にいますが、自分の成長に一番貪欲で、自分が一番期待していたいと思います。

最後に僕の今後の目標を綴ってこのブログを締めたいと思います。





ATリーダーとして





チームの絶対的な"エース"に





そして





みんなから信頼・尊敬・憧れに値する人





になります。





次にブログを回すのは、MFリーダーの井上功一です。

彼とは何回電話をしたことか、まだチームが始まって間もないですが、そう思うほどに意見を交換しあって、日々チームを良くするために励んでいます。彼は責任感のある人です。どれだけ自分のラクロスの調子が悪くとも、MFリーダーとしてやらないといけないことはしっかりとやってくれます。そこが彼の良いところでもあると思います。まだまだ先は長いけど、最強のOF作ろうな。


彼のブログに期待です!

Comments


bottom of page