top of page

ぶち込む-1回生 MF 坂田孝臣-

平素よりお世話になっております。日頃より応援してくださる保護者の皆さま、OBG、関係者の皆さま、多大なるご支援、ご声援ありがとうございます。


一回生MFの坂田孝臣です。


 まず最初にブログを回してくれた小林暖空君について紹介したいと思います。

 彼の第一印象はなんてかっこいい名前なんだです。彼は暖空と書いてノアという名前で珍しくもありすごくカッコいい名前だなと思っていました。

 彼はとても努力家でいつも西北壁にいてすごいなと思っていました。しかし、大きな怪我をしてしまい、少しチームを離れている時期がありましたが、その間も壁に行ったりトレーニングにも来ていて本当にすごいなと尊敬しています。今では試合にも出ているので、ウインターで初得点を決めてくれるはずです!


 ここからは私がラクロス部に入部した経緯とウインターへの意気込みについて書こうと思います。

 私がラクロス部に入った経緯は最初は高校のバスケ部で一緒だった中道君に誘われてラクロス部の体験会に行ったことです。最初は一回行ってみてもあんまりかなと思っていて、同じく高校のバスケ部の岩田君とハンドボールに行こうなどと言っていました。しかし、ハンドボールは大学からというのは厳しいと聞き、断念しました。他にもバスケサークルにも行ってみましたが、漠然と楽しいなとは思ったのですが、四年間これをして何か自分のためになるかと考えた時、やはり部活に入ろうと思い、中道君と岩田君が入部すると決めていたラクロス部に入ろうと決意しました。

 しかし、入部を決意したはいいもののバスケ部でも不器用で体の使い方が上手くない私が大学から新しいスポーツを始めて上手くやっていけるのかととても不安でした。それでも、高校生活で身につけた努力の習慣と誰にも負けないフィジカルを使うことで最近になってようやく点を決めれるようになってきました。始めて点を決めた時は本当に嬉しかったです。

 ウインターで京都カップでの雪辱を晴らすために、そして優勝するために毎日壁をして本当に生活の一部となってきており、チームの雰囲気もよくなってきています。あとは自信を持ってプレーすることができれば必ず相手のゴールにランシューをぶち込めると確信しています。

みんな本当に優勝しよう。そして祥吾さんと礼央さんを胴上げしよう。


 最後に次のブログを繋いでくれる坂本陽都君についての紹介をしたいと思います。

 彼の印象はずっと怖いでした。しかし、話していくとやさしくて、たまに出る毒舌が面白くてクセになります。たまに僕にも毒舌が飛んでくる時もありますが。笑

 彼はサッカーをしていたこともあり、身体の使い方がとても上手く、タイミングの取り方が上手いと思います。攻めの要のATとしてウインターでもしっかりと点を決めてくれるはずです。

bottom of page