top of page

信じる-1回生 TR 西田こころ-

平素よりお世話になっております。

OBG、保護者、並びに普段から活動にご理解、ご声援いただいている関係者の皆様に感謝申し上げます。


1回生TRの西田こころです。


まずはブログを回してくれた中道智大くんの紹介をしようと思います。

ともは本当に「無邪気」という言葉が似合います。何事にも素直で、リアクションも声も大きく、どこにいるかすぐに分かります。こっちが良かれと思ってボトルに氷をたくさん入れたら、冷たすぎとか言ってくるのはちょっとムカつくのでやめてほしいです。

そんな彼はラクロスに対して凄まじい熱意を抱いており、ストイックに練習に取り組む、チームを鼓舞してくれる存在です。

私はとものウィンターでの活躍、期待しかしてないです。このブログを読んでいるか分かりませんが、ここでプレッシャーでもかけときます笑

点決めたら飛び跳ねて喜ぶ可愛い姿楽しみにしてます!


では、紹介はこれくらいにして本題に入ります。


なぜ私が男子ラクロス部に入部したのか。


私がラクロスというスポーツを初めてちゃんと認識したのは高校3年生のときです。私は高等部でチア部に所属していたのですが、たまたま大学チアの代わりにラクロス部の応援に行く機会を得ました。それは、たけびしスタジアム京都で行われた女子ラクロス部のファイナル決勝でした。


初めて見たラクロスは他のスポーツにはないスピード感と熱気に満ちた会場の雰囲気に圧倒されました。

そして、何よりも試合がすごく面白かったんです。

ルールも何も分からないのに。

縦横無尽にフィールドを走り回り、華麗にパスを回すプレーヤーの方々がとにかくかっこよかったのをはっきりと覚えています。


サークルとかになんとなく入ってパッとしない大学4年間を過ごすのは嫌なので元々部活に入ろうとは考えていたのですが、どこに入ろうか決めかねていました。そんなタイミングでたまたまラクロスと出会えたのはラッキーだったと思います。


そんなこんなでラクロスに興味を持った私は、大学入学後試しに行ってみた男子ラクロス部の新歓で男子ならではの力強いプレーを見てその魅力に一気に引き込まれ、男子部の方への入部を選択しました。


私は4回生コーチのお2人、特に礼央さんとかによくツンツンしてるとか冷たいとかいじられるのですが、そこまで表に出していないだけで実はみんなが思っているよりだいぶ1回生のこと好きです。

本当に大好きな1回生チームでウィンター優勝したい。

私が出来ることは勝利を信じ、プレイヤーたちがベストな状態でプレーできるよう全力でサポートすることだと思います。


予選はいよいよ明日です。

お世話になっている祥吾さん、礼央さんに恩返しが出来るように頑張ろう!

ここまでブログを読んでくださっている皆様、応援の程よろしくお願い致します。



拙い文章に最後までお付き合い頂きありがとうございます。ちょっと書きすぎました。


次にブログを回すのは長谷川俊輔くんです。

しゅんすけは1回生が誇るイケメンプレイヤーの1人です。クールで圧倒的塩対応な彼ですが笑、いつもプレイヤーたちと楽しそうにしていて微笑ましく思っています。こちらにもぜひその笑顔を向けてほしいものです。

また、彼はおそらく全部員含めても誰よりも遠いところから学校に通っているのですが、授業と部活とバイト、ジム、壁のハードスケジュールをきっちりこなしています。たぶんとんでもなく忙しい毎日を送っていることでしょう。「頑張ってるね」と声を掛けるといつも「頑張ってない」と謙遜しちゃう彼を本当に尊敬しています。

最近絶好調との話を小耳に挟んだのでウィンターでの活躍乞うご期待です!


しゅんすけ、次よろしくね!

bottom of page