top of page

悔しさを糧に-4回生 SDF #32 石井将貴-

平素よりお世話になっております。


まず初めに日頃より応援してくださるOBG、保護者、関係者の皆様いつも多大なるご支援、ご声援誠にありがとうございます。








#6の山本龍輝から紹介に預かりました。#32石井将貴と申します。








まずは龍輝について紹介したいと思います。








彼はよくみんなに喋り方がアホそうといじられていますが、実は1番周りをよくみて、同期にも後輩にも気を回せる優しいやつです。




また1対10の喧嘩でも勝ったことがあるらしいので、何かあれば助けてくれると思います。








彼の紹介はこれくらいにして、自分について少し書きたいと思います。拙い文章ではありますが、最後までお付き合いいただけると幸いです。






























2021年11月28日


vs慶應義塾大学@駒沢オリンピック競技場
























忘れもしないあの日。






















この日に全てをかけていた。


















最高で最強の先輩たちと日本一を取る。
















しかし結果は敗北。


















自分が守るべきゾーンからの失点。


















申し訳なさと悔しさで泣いている先輩を見ていられなかった。
















自分のせいで負けた。














そう思った。














もうあんなに悔しい思いをしたくない。


















この日から僕のラクロスに対する思いが確実に変わった。


















去年の主将、高野順平さんが僕のSDFの可能性を見出してくださり試合に出れるようになったがそれまではどこにでもいるBチームのMFだった。








当時もAチームを目指して、点が取れるように、毎日壁にいき練習をしていた。










しかしそれはただの自己満足だった。








パスミが少し減るだけ












ショットが少し速くなるだけ












ダッチが少し上手くなっただけ。










それじゃダメだ。












本気で試合に出て活躍する努力を自分はできていない。










Aチームで試合に出てる同期は自分の何倍も練習していた。












敗北を経験してから自分も努力するということの意味をやっと理解できた気がする。










毎日死ぬ気で練習し、絶対に抜かれないようにとOFの癖、ダッチの種類を分析し、自分の体の角度や立ち方を何度も動画を見直して研究した。
















慶應に敗北してから1年。




















同じ思いを経験し死ぬ気で日本一を目指してきた4年生、めちゃくちゃにうまい3年生、去年のチームに引けを取らない最強のチームだと思う。










そして迎えた関西決勝前日、禎紀さんと順平さんから応援の電話を頂き、「絶対に勝つ」そう思った。


















しかし結果は5-7で敗北。


























僕のラクロス人生に幕がおりた。


























嵩もブログに書いていたが試合直後は変に冷静だった。
















涙もでなかった。










負けを信じることが出来ず、まだ試合があるかとおもった。
















帰りの車で母に「4年間お疲れ様、よく頑張ったね。」と言われた時、初めて負けを実感した。






























もう終わりなんだ。


























明日も明後日も日本一を目指して練習することができないんだ。






















それから1人になると悔しさと悲しさで涙が止まらなかった。
























引退してから1週間1人の時間が増え、みんなのことが好きなんだなと感じる1週間だった。














誰よりも努力し、デカすぎる背中でチームを引っ張る主将










みんなの前ではやる気がない様な振る舞いをしながらもDFのことやメンバーの思いを大切に考えるDFリーダー












練習で誰よりも激を飛ばし、1番しんどくて辛い役割をしてくれてたATリーダー














スタッフとの架け橋になってくれたり、みんなにいじられながらも大事なとこでは頼りになるMFリーダー














こんな凄いリーダー陣を筆頭に


やたら体のでかいモラル人間








ラクロスのことになると真面目に壁にいったりスカウティングするやつ








たんろん行くか壁いくかシュー練するかで1日おえるやつ








ゴルフ部くらいゴルフしてるけど対して上手くならんやつ








ダイエットゆうて毎日5キロ走ってるやつ










合コンするけど全然上手くいかへんやつら












ハチマキ巻いてチームを最高に仕上げてくれるやつとか




















こんなみんなともっと一緒にラクロスしたかった。


















プレーヤーを引退し、コーチやスカウティング班になってくれたメンバー












一回生から朝早くに起きて準備してくれたり、夜遅くまで試合のタイムスケジュールを組んでくれたスタッフのみんな。
















そして事情により部活を辞めてしまったみんな。














直接伝えるのは恥ずかしいのでこの場をお借りして感謝したいです。












みんなのおかげで最高に楽しい4年間でした!みんな大好きです!ありがとう!
















両親に向けて




母は少年野球から全ての試合を見に来てくれました。父は単身で13年間アメリカに行き家族の生活を支えてくれました。




本当に感謝してます。




ありがとう。必ず親孝行します。
















後輩にむけて




今回の結果を経て責任を感じている選手がいるかもしれませんがまったくそんな必要はありません。








めちゃくちゃきついのもわかります。






なかなか切り替えられないのもわかります。






でもこの試合で感じた想いは絶対に忘れないでください。






その悔しさがきっとみんなを上手くすると思います。










僕も去年から少しは上手くなりました。






そして僕たちや先輩たちの成し得なかった日本一をとってきてください。






応援してます。





































次に回すのは#15竹中寿汰です!




彼は言わば守護神。僕も含め、彼のセーブによって何度助けられてきたか数えきれません。




また普段は心優しい父ちゃんみたいな存在です。




そんな寿汰のブログに期待です!




寿汰よろしく!

Comentarios


bottom of page