top of page

数少ないチャンスを-1回生 AT倉田侑空-

平素よりお世話になっております、1回生ATの倉田侑空です。


OBG並びに保護者の皆様、関係者の皆様、日頃の多大なるご支援、ご声援、ありがとうございます。


はじめにブログを回してくれた久保田真司くんに着いて紹介したいと思います。


しんじは「やる時はしっかりやる」が最も似合う人だと個人的に思います。普段はよくふざけているのですが、試合になると人が変わったように彼は勝利に貪欲になります。フェイスオフは勝ち負けで流れを引き寄せたり逆に渡したりしてしまいます。しかし、彼なら勝っている時は流れを渡さず、流れが悪い時もこちらの方に引き寄せてくれるでしょう。関学1回生チーム最強のフェイスオファーが見せるフェイスオフに是非注目してみてください。


続いて私がラクロス部に入った経緯について話させて頂きます。私は幼稚園の頃から14年間の間サッカーを続けてきました。そして,高校3年生の引退時に長く続けたサッカー生活に終止符を打ち、大学ではスポーツ以外のことに色々挑戦しようと考えていました。そこで何故入ろうと考えたのか。それは新歓の時に見た高校の部活で一緒だった先輩の姿です。その充実している姿をみて私はラクロスに少し興味を持ちました。そして、何回か新歓に行くうちにその気持ちはいつのまに入部しようと決心するまでに至りました。


私は京都カップの時に出場するチャンスを頂き、あと決めるだけという数少ない大チャンスを外してしまっています。その一点で何か変わっていたのではないかと考えることが多くありました。個人的にすごく悔しい思い出が残っています。ウィンターでは出場機会があるかはわかりませんが、頂けるのならチャンスを絶対に仕留め、出場機会がなくても、チームのために何ができるか考え貢献しようと考えています。


最後に次にブログを回す、小林暖空くんについて紹介したいと思います。


のあは入部当初からパスキャがとてもうまく、パスキャがとても苦手だった私は教えを乞うことも多くありました。でもそんな彼に悲劇が起こってしまいます。彼はフレキャンの時に大怪我を負い、最近まだプレーをすることができませんでした。しかし,彼は努力ができる人です。今はまだ復帰して間もないかもしれないですが、すぐにみんなを追い抜いてくれるでしょう。私も彼を応援すると共に、負けないように頑張らないといけないです。怪我なんかに負けるな頑張れのあ!

bottom of page