top of page

最高に熱いスタッフ組織創ります-新4回生 STリーダー MG 吉田有沙-

平素よりお世話になっております。








弊部への多大なるご支援をいただいておりますOBG、保護者、関係者の皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。






今年度も「学生日本一」を目指します。

関学ラクロスに携わる全ての皆様と一緒に「日本一」を目指し、スタンドを青色に染め、今までに見た事のない景色を一緒に作り上げていきたい思っております。今年1年も宜しくお願い致します。







今年度、スタッフリーダーを務めさせて頂きます吉田有沙です。







まずはブログを回してくれた晏生について紹介したいと思います。






晏生は真面目で冷静な部分もありながらお調子者でもあります。

飲み会などでは1番に声を出して、周りを盛り上げているイメージです。笑

色々な部分で助けてもらうことが多く、とても頼りにしています。これからも沢山助けてください!笑






本題に入りたいと思います。






今シーズンのスタッフのスローガンは



               “ALL STAR”     

        〜ひとりひとりが輝く〜 



です。





1人1人が、自らの行動で輝くスタッフになってほしいという想いからこのスローガンを掲げました。





どんなスタッフが日本一のスタッフなのか。






それは、スタッフ全員が「勝たせるスタッフ」になる事だと思っています。




「勝たせる」とは、自分が実際にフィールドに立ってプレイをすることがなかったとしても、チームを勝てる方向にもっていくということです。





笛の音は、1番大きい音を鳴らすこと。




試合の時は、プレイヤーの誰よりも堂々として冷静に挑むこと。




1分1秒のズレなく試合開始の時間にもっていくこと。




審判派遣に行って、ルールやファウルの基準について少しでもチームに還元すること。




ビデオは1番見やすいビデオを撮ること。




試合のベンチに入ったなら、如何に効率よくプレイヤーをベストなコンディションにもっていけるかを考えること。




プレイヤーと同じぐらいラクロスに、部活に向き合い続けること。




スタッフとして、人として、プレーヤーの指標となり、道標となること。





そして、チーム全体に介入していくこと。





ラクロスに向き合い続けること、部活に向き合い続けること、プレイヤーに向き合い続ける事はしんどいことも多いです。





当たり前だと思われることも少ないくないし、だからこそ、少しのミスで決めつけられることもあります。





でも、その向き合い続ける姿勢は必ず自分を、そして周りを変えてくれます。スタッフの一つ一つの言動、行動がチームを動かすと私は信じています。







今シーズンはスタッフ全員が、チームを引っ張り、最高のスタッフ陣になります。





そして、最後に一つ




スタッフ、プレイヤー、コーチ関わらず、



最高に楽しみましょう。




楽しんでるチームが1番魅了されます。




このメンバーで「日本一」を掴みにいきまましょう。








次にブログを回すのは私の頼れる相棒である詩織です。

詩織を一言で表すなら、縁の下の力持ちです。プレーヤーだけでなく、スタッフみんなのことをいつも優しく支えてくれています。彼女なしでは私がやっていけないです。笑

皆んなが見えないところでも沢山動いてくれて本当にありがとう。沢山頼ってしまうと思いますが、一緒に頑張っていこうね!


詩織のブログ楽しみにしてます!!

Commentaires


bottom of page