top of page

私の4年間-4回生 TRリーダー 園部 萌子-

OBGの皆様や保護者の皆様、関係者の皆様、平素は弊部に格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

この1年間、沢山の方々の支えがあり走りきることが出来ました。この場をおかりして御礼申し上げます。






#0 植本 可登から紹介に預かりました。

2023年度TRリーダーを務めさせて頂きました園部萌子と申します。






まずはよんよんちゃんについて、紹介したいと思います。

よしとはいつも私に上着や帽子を貸してくれたり、帰る人が居なかったら送ってくれたりと、とてもお世話になりました。葵がいなくなった時は本当に助かりました。ありがとう。

1回生の頃からGSや戦術、4回生になったらAチームのプレイヤー兼Bチームのコーチ。誰よりも頭を使いながら戦うよしとはチームに絶対居なければならなかった存在だったと思います。

お疲れ様でした。






紹介は以上にしてここから本題とさせて頂きます。拙い文章となりますがお付き合い頂ければ幸いです。




この引退ブログを書こうと思い自分自身のラクロス部における存在価値はあったのか考えたが、何度考えても答えがでない。






「学生日本一」

4回生で何日も話し合い掲げた目標。

関学ラクロス部史上の未だ成し遂げたことの無い夢。

スタッフはその夢・目標を夢・目標のまま終わらせないために支え続ける事が責務。






私達TRはテーピングを巻いたり、水筒が空にならないように補充したり、怪我が起きたらすぐに復帰できるようにアイシングを用意したり。

それが当たり前であるかのように、ラクロスにだけ集中しプレーできる環境を常に用意しなければならない。






そのために如何なる状況でも対応できるように、ミーティングをして少しでも改善出来るように話し合う。しかし、変化が見れず、また振り出しに戻ることもしばしばあった。






4年生になっても、直面する状況に毎度毎度悩み続け、やるべき事を全てやりきったと思い試合に臨んだ。

しかし、私たちは10/22同志社大学に負けた。悔しがる姿をみて私は私の責務を果たせなかったと思った。

私は考え続けて出来る事をやったつもりだが、まだまだ夢には足りなかったのだ。






私の行動は、選手がプレーに集中して成長できる環境を作るのに本当に役に立ったのか。

私は勝ちに貢献できたのか。






責務を果たせなかった4年間の私に存在価値があるかないかは正直わからないし、悔いが残る結果になったのは事実である。






スタッフは特に存在価値について考える時期が来ると思う。何のためなのか、自分は何をしているのか。

多分、何度考えても答えは出ないので、最後に悔いは残しても後悔は残さぬように考え続けて行動し続けて欲しいと思います。

行動した事に後悔があるなら、さらに考え行動し、悔い(反省)は残しても後悔がないように。






私はフィールドに立つことも、ユニフォームを着ることもなかった。しかしベンチから思いっきり声を出してみんなの近くで一緒に戦うことが出来た4年間のことを誇りに思う。

忙しくて辛くて楽しい充実した4年間だった。






【叶うべき夢の先へ】






チーム中杉

夢の先まで走り抜けてください。

学生日本一は叶えるべき夢ではなく、叶うべき夢です。

この夢は叶えて終わりではなく、必ずその先に続きます。

私たちの引退で悔しがって泣いてくれた後輩達、まだ時間はあります。毎日毎日成長し続けることはとっても大変で辛いと思いますが、適度に休みながらも自分達らしく成長して学生日本一を叶えてください。応援してます。

最後にこの場を借りて、感謝を伝えればと思い書かせていただきます。








両親・苺子へ

ラクロスという全く知らない競技なのにわざわざ休みを取って、試合をみにきてくれてありがとう。

私がしんどい時も必ず味方になってくれたおかげで4年間やりきることが出来ました。

苺子も弁当を持たせてくれたり、家でYouTubeを見てくれたり、なんだかんだ興味を持ってくれて嬉しかったです。残り3年ラクロス頑張れ!








真里・未流・琴葉へ

圧倒的に経験不足の1回生時代からここまでやってこれたのは3人が居てくれたからです。本当にありがとう。

上手くいかなくて怒られてばっかりだったけど個性豊かな3人とスタッフとして頑張れたことは私の誇りです。








詩織・真央・はな・伶奈・有沙・りったん・ひよりちゃんへ

3回生スタッフには本当に助けられました。

頼りない4回生だったと思います。

3回生がこの7人のメンバーだったから、7人がいてくれたから、この1年間やりきることが出来ました。沢山支えてくれて、助けてくれてありがとう。あと1年、関学史上初の日本一スタッフになってください。応援してます!








同期へ

デリカシーの欠けらも無い人達ばっかりですが、優しい一面があったり真面目な一面があったり個性豊かな同期と一緒に入部できて本当に私は人に恵まれたと思います。

同期のみんながいてくれたので、この4年間本当に楽しかったです。ありがとう!!








なかなかまとまらず、だらだらと長くなってしまい申し訳ございません。








次にバトンを渡すのは#77DFリーダーの小川寛斗です。






一見誰よりも近寄りがたくて怖く見られがちな彼。

しかし、なんだかんだボールが飛んできたら守ってくれたり、バンテージがうまく巻けたらLINEで報告してきたり、優しかったり可愛い一面も持ち合わせています。

誰よりもボールに当たりながらゴールを護る姿はかっこよかったです。(ひろとが試合中怪我をする時は大体私が走ったと思います。痛くない時は手を挙げる約束ちゃんと守って欲しかったです。)

4年間私にテーピングを任せてくれてありがとう!






誰よりも体を張ってゴールを護ってきた彼の4年間が詰まった熱いブログも是非ご覧下さい。






じゃあストリーム次はよろしく!!

Kommentare


bottom of page