top of page

自他共栄-4回生 AS 森雅浩-

平素よりお世話になっております。


まず初めに日頃より応援をして下さるOBG、保護者、関係者の皆様いつも多大なるご支援、ご声援誠にありがとうございます。








ざきから紹介に預かりました4年アナライジングスタッフの森雅浩と申します。






まず、ざきについて紹介したいと思います。ざきは頭が良く、おしゃれかつわかりやすいOF統計を作ってくれます!今は1年生の指導と両立させながら、多方面からチームに貢献してくれています!


残り約2カ月悔いのないように頑張ろう!










ここからは僕の本題に入らせていただきます。








「置かれた場所で咲きなさい」


高校時代の恩師が卒業アルバムに書いてくださった言葉です。










僕のラクロス人生は同期のみんなより1年短いですが、様々な経験をさせていただきました。








僕は2回生の夏に、新型コロナによる大幅な活動制限を理由に他の体育会の部活を辞め、新たにラクロス部に入部することを決意しました。










入部した年は、選手として1つ下の1回生チームと活動を始めて、4回生の最後に同期のみんなと同じフィールドに立つことを目標にただ練習に励みました。






しかし、ロングを持ち始めた頃に、運悪く足の怪我をしてしまい、1年遅く競技を始めたことや、手術、リハビリ期間を踏まえ、熟考した結果、選手を辞めました。






最初はトレーナーへの転向を考えていましたが、当時副将だった天真やTRリーダーの朱里と話して、自分達の代になった時にアナライジング、スカウティング分野を円滑に進められるように、アナライジングスタッフへの転向を決めました。












ASとして迎えた初年度、"proof"の1年間は大したことができませんでした。一から始めたエクセルの勉強、オリンピックボランティアで1カ月近くの離脱、今振り返るとチームに貢献できたとはお世辞にも言えません。


そんな僕でも、全学決勝で慶應に敗れ、「悔しい」と感じました。自分なりに最高を作っていたつもりだったんだと思います。


敗れた試合の後、来年のためにと思って慶應のアナリストに話を聞きに行きました。勝利した彼らは満面の笑みでワイワイガヤガヤしてました。


その時に「来年、この場所で絶対にうちの選手が笑っていられるようにしよう」と決めました。












"Answer"の代になり、ASに転向してくれた仲間と助け合いながら、オフシーズンには他競技のデータ分析を勉強し、6on6や試合をたくさん見て、ほぼ0に近かったラクロスIQを徐々に上げていきました。(今もほとんどあるとは言えません)






そうして迎えたトップリーグ期間は、今年から導入した様々なデータの収集、アウトプットに慣れるのに必死でした。






あっという間にシーズンに入り、ASとしてベンチに入れていただけるようになりました。






選手を辞めて以来、「もうみんなと同じ場所に立って試合に臨むことはできない」と思っていたため、同期のプレイヤーが「入ったらええやん」と言ってくれた時は本当に嬉しかったです。






リーグ戦を重ねる度に、ベンチでの統計内容や何が必要な情報かを考えてやってきました。それでもまだ1%もない貢献度にしかなっていないと思います。試合に勝てるように、凛太郎をはじめとしたプレイヤーにナイスと言ってもらえるデータをとれるように、これからも試行錯誤を続けていきます。












「置かれた場所で咲きなさい」




「与えられた役割、場所がどんなものでも、そこで自分が出せる最高の成果を発揮する。」と解釈しています。








入部する際、当時の主将と面談をしました。「ラクロス部で4回になった時どんな人間になりたいか」と尋ねられ、僕は、「入ったからにはどんな形でもいいからチームに貢献できる人になる」と答えました。これがラクロス部での行動指針になり、選手を辞める決断やこれまでの行動選択の後押しになっています。










入部してから様々な変化を経て、今置かれた場所での役割を全うしていますが、最高の成果を出せているとは到底言えません。






僕ができることは、対戦校のスカウティングを詳細にデータ化することや、試合中のデータ収集くらいしかもう残っていません。






全学決勝の11月27日に、「学生日本一」をこのチームで達成し、同期のみんなの笑顔を咲かせるために、残り少ない期間を頭フル回転させて取り組んでいきます。










下級生達、この先練習が辛いとか辞めたいとか悩むことがあると思います。どの道を選んでも、みんなが選択する道が全て正解だと思うので、自分を信じて目の前のことを頑張ってください。










3回生のみんな、1番初めに一緒にラクロスをしてくれてありがとう。最後まで力を貸してほしいです。












4回生のみんな、選手もスタッフも最高に頼りがいがあるかっこいい素敵な同期です。


そんなみんなと同期になれて幸せでした!


ありがとう。










長くなってしまいましたが、これが僕の最初で最後のブログとさせていただきます。










11月5日の関西FINALから負けたら終わりの試合が始まります。天真が率いる「学生日本一」への航路ももう終盤です。会場でもライブ配信からでも、皆さまの熱い声援をお待ちしております。










次にブログを回す内藤大について紹介します。


大はうちの学年、チームのムードメーカーで、ぶれない強い芯を持っているすごいやつです。ミーティングでも意見をしっかり主張できて、それを聞くたびにすごいなと思います。フィールドでもゴーリーとしてセーブ、フィード(フィードの正確性はKGDFでダントツ)で魅せてくれると思います。ワンピースの話もしたいけど、ラストブログは熱いの期待してます!!




それでは大よろしく!!!!

Commentaires


bottom of page