top of page

自叙伝-4回生 DFリーダー #77 小川 寛斗-

平素よりお世話になっております。

日頃より応援してくださる保護者の皆様、OBG、関係者の皆様、多大なるご支援、ご声援ありがとうございます。今後とも関西学院大学体育会ラクロス部をよろしくお願いいたします。






TRリーダーの園部萌子から紹介に預かりました。






2023年度DFリーダーを務めさせて頂きました#77小川寛斗と申します。




はじめに、ブログを回してくれた園部萌子さんの紹介をしたいと思います。

まずは僕の専属トレーナーとして1年間テーピングを巻いてくれてありがとう。園部は僕が試合でボールに当たるたびに、文句を言いながらもシェリーアン・フレーザープライス並みの速さで駆けつけてくれるすごく良い人です。ワンオクのライブのタオル血だらけにしてごめんね。お酒の席での大暴れはほどほどにね。4年間ありがとう。








最高に楽しかった。

終わり方は全く望んだものではなかったが、自分史上最高に濃密で充実した4年間だった。








2020年の夏、かっこいいショットを決めて躍動するATに憧れて入部した。昼夜問わず壁と向かい合い、クロスワークはかなり上達した。しかし憧れの姿と自分の姿は程遠く、ダッジは切れないロールはできないですぐさまMFに転向した。その後紆余曲折あり、DFに転向した。








2年生になりロングを持った。春先は練習をすればするだけ上達していたのでとても充実していた。しかし徐々に成長曲線が緩やかになり、俗に言うプラトーの状態に陥った。周囲にも差をつけられ、ラクロスをするのが嫌になっていた時期に




練習は嘘をつかないって言葉があるけど、頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ。




という言葉に出会った。そこからは壁打ちでもステップ練でもチェック練でも頭を使うようになった。愚直に練習することも大事だがそれ以上に考えて練習することはもっと大事だと思った。








3年生になりAチームに入れてもらった。初めてスタメンで試合に出てフル出場した。周りのほとんどが4年生だったこともあり、伸び伸びプレーさせてもらった。今考えると、この時期が一番ラクロスを楽しめていたと思う。しかしそんな時間も長くは続かず、試合で相手のショットを顔面ブロックした結果、下顎が折れて入院した。

ファイナル3決勝の数日前に練習に復帰することができ、ギリギリメンバーには入れたものの、試合にはほとんど出ることができずりんたろうさんの期待に応えられなかったことが何よりも悔しかった。








4年生になりDFリーダーになった。僕はりんたろうさん圧倒的にオンボールが強いわけでもなく、ボジさんのようにオフボールに長けているわけでもなく、花里さんのように威厳があるわけでもないので、自分に務まるのか本当に不安だった。

この1年間は本当に周りの人に支えられていることを実感した1年だったと思う。特に同期のディフェンスのメンバーには心から感謝している。




僕の代わりにミーティングのスケジュールを組んだりスカの割り振りをしてくれたしょっぴー、試合で僕が失点に絡んだら盛大に弄ってくるあわちゃん、休憩の時に一度もベンチに座ったことがないもっちー。この3人のおかげで1年間リーダーを全うできたと思っている。本当にありがとう。韓国旅行楽しもうね❤️








これから日本一を目指すであろう後輩のみんなには、自分が思っていることを相手に伝える時に、"伝え方" を考えて欲しい。僕らの学年はそれがなかなかうまくできていなかったし、僕自身もそれほど上手な方ではなかったと思う。この言葉を言ったら相手がどう捉えるか、特に幹部陣は組織を形成する上で言葉の伝え方はかなり重要だと思うので、肝に銘じておいて欲しい。








マーキーをはじめとする後輩ディフェンス陣、1年間力を貸してくれてありがとう。シャットオフを積極的にサボるやつとかイライラして荒ぶってるやつとか、大かまけニキがいて大変だったけどみんな最高にかわいい後輩です。

あと、本多くんと中杉くんは来年は怠慢lax禁止でお願いします。








最後に、中学の時からほぼ全ての試合で応援に来て、1番近くで支えてくれた最高の両親、個性が溢れすぎてたまにけんかしてたけどなんだかんだ仲睦まじい同期、僕にラクロスのいろはを教えてくれた先輩方、上り坂で19キロしか出ない僕の原付に合わせてくれた三田組、ラクロスに対して情熱的な後輩、挙げればキリがないですが、僕のラクロス人生に関わってくれた全ての方々に感謝します。




本当にありがとうございました。









非常に支離滅裂な文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。




次にブログを回すのはMFリーダーの#4島田匠二朗です。




一見寡黙と見せかけてぼそっと面白いことを言えるセンスや、雪のように白い肌を持ち合わせている島田くんは、本当に多才です。ビデオ班としてPUMPup動画を作成したりしっかりしている面もありますが、1人だけ寝坊して東京に遅れていく少しおっちょこちょいで可愛い1面や、MFリーダーとして魅せる忍者カットイン。

多才な彼が語る4年間の集大成のブログを是非ご覧下さい。

Comments


bottom of page