top of page

虎渓三笑-3回生 副将 MF #4 吉田純基-

平素よりお世話になっております。


2024年度、副将を務めさせて頂きます、吉田純基と申します。




まず始めに、保護者、OBGの皆様を始めとした関係者の皆様、日頃より関西学院大学体育会ラクロス部男子への厚いご支援、ご声援に対し、御礼申し上げます。



まずはブログを回してくれた中井くんの紹介をしたいと思います。


彼は基本的におちゃらけていて、抜けているところが多く、見ているこちらが不安になります(笑)

しかし、ラクロスの話になると目の色が変わります。新3回生はアツいハートを秘めた人が多いと感じますが、その中でも彼のアツさは半端ないです。彼になら安心して新歓を任せられます。


また、彼はとても優しい男です。僕が急に買い物に誘ってもいつも文句も言わずに着いてきてくれます。これからも買い物着いてきてね〜!



彼の紹介はここまでにして本題に入ります。新入生に向けたブログという事なので、僕からはラクロス部の魅力について話そうと思います。





『とにかくアツい。』




この一言に尽きます。

ラクロスという未知の、大学から始めたスポーツにも関わらず、部員一人一人のハートがアツすぎる。僕がこの部活に入部を決めた理由は「アツかったから」です。


私が入部した時は三坂さんという超絶イケメンムキムキ激アツ漢が主将をしていました。入部面談で三坂さんの話を聞いた時に、「俺の4年間、全部をこの部活になら賭けられる」と思いました。

現主将の中杉さんも三坂さんに負けないくらいイケメンでアツいハートを持っています。



今入部を悩んでいたり、ラクロス部に興味を持ってくれているアツい気持ちを持った新入生は、是非グラウンドまで来て、生でラクロスを感じて欲しいです!

他のスポーツには無い、スピード感・激しいコンタクトがある漢らしいスポーツです!

僕と一緒に4年間燃え上がりましょう!!




次にブログを回すのは、今年度副務を務めている島本大雅です。

彼はとてもしっかり者です。副務としての仕事を完璧にこなしつつ、ラクロスも両立している姿は本当に尊敬します。彼とは同じ壁仲間なのでよく2人で壁をします。彼は日頃はおっとりしていますが、2人でいる時はたまにアツい事を言って消えかけた僕の心の炎に薪を焚べてくれます。

これから2年間お互いに支え合ってチーム作っていこうね!

大雅らしいブログよろしくー!

Comments


bottom of page