top of page

3度目の正直-4回生 DF #26 藤城翔吾-

平素よりお世話になっております。




西大夢君から紹介に預かりました4回生DFの藤城翔吾と申します。




まず、初めにひろむの紹介をしたいと思います。


彼は得るものを得た人間だと思っています。性格も良く、顔はイケメン、彼女もち、挙げ出したらキリがないかもしれないです。


僕が彼に勝っているのは身長くらいですかね。(媚売ってる訳ではないです。笑)




また、同じ芦屋市民でもあります。彼にはなにでとは言いませんが、何回かお世話になっているので感謝しております。笑




また、彼はブログにも書いてた通り、怪我キャラといったものの、僕も昨年靭帯断裂を経験してからは、毎日ひろむと一緒にトレーナーのテーピングのお世話になってます。。ラクロス部のテーピング消費量は僕かひろむがトップなんじゃないかと勝手に思っています。




最後までお互い怪我なく頑張ろ!






では、この辺りでひろむの紹介も終わりにして、本題に入りたいと思います。






今回はせっかくなので、自分のことについてお話しさせてもらおうと思います。ありきたりな内容なのであまり期待はしないで下さい。。




みんなみたいに言葉が上手くないので、アツイブログを書けるかは分からないですが、最後までお付き合い頂けると幸いです。




















「周りが入っていたから。」












僕がラクロス部に入部したのはそんな軽い理由からでした。


大学に入ったら適当にサークルに入ってなんとなく学生生活送れればいいやと思っていました。






ですが、サークルの雰囲気が合わず、高校までやってたアメフトへの熱は冷めてしまっていて、続けるつもりもなかった中、たまたま高校が一緒だったメンバーがラクロス部に入ると聞き、全員初心者やし、そんな中で日本一目指せるなんて楽しそうやし、といったちっぽけな動機で入部しました。








そんな状態で入部したラクロス部の初めの3年間では






1年の頃はOFを辞めて、DFに転向してからロングを持ち始めて、なんだかんだでスタメンになれた、と思ったらスタメン落ちしたり、




2回生の頃は当時のBコーチに死ぬ程怒られすぎて、腐りかけたり、




3回生でBリーグに全試合出場できて、経験を積めたり、といったように浮き沈みの激しい3年間でした。












これまで自分は野球、アメフト、ラクロスとスポーツを3つも変えてきました。


正直、どれも中途半端で、野球はチームは全国に行ったけど自分はスタメンを後輩に奪われ、アメフトでは全然試合に出ることが出来ませんでした。








そんな中でも








「プレーヤーとしてチームに貢献する。」










これは僕の中にずっとあったものです。また、4回生になり一層強くなった思いです。


当たり前のことだと思う人もいるだろうし、それなら野球とかアメフトでも活躍できるくらい努力すれば良かったやんと思う人もいると思います。




その通りです。妥協に妥協を重ねていたんだと思います。






ですが、これまでチームスポーツをしてきて、何もチームに対して還元出来ていなかった分、ラクロスをしている時もこの思いはずっと強く残っていました。






また、4回生になったと同時に僕はコーチをするか選手をするかの岐路に立たされました。ある程度覚悟はしていました。同期とお互いの気持ちを正直に話し合ったことは辛かったですが、その分覚悟も決まったんだと思います。




その中で、昨年までAチームに全く貢献できなかったのにも関わらず、僕を選手として残してくれたDFのみんなには本当に感謝しています。




また、同時にアナライジングやコーチに回ってくれたみんなの想いも背負って、最後の年は選手として必ずチームに貢献する。そういった同期、応援して下さる方々への感謝は結果として、返さなければならない。








そう強く思いました。










だからこそ、タイトルに書いた通り






野球、アメフト、ラクロスとやって来て、「3度目の正直」で僕はようやくチームに対してプレーという形で貢献できる立場になれたんじゃないかなと思っています。








今思うのは、ラクロスというスポーツは結構自分と似たような人が多いスポーツだと思います。






他の部活で上手くいかなかったりしていても、その中で新たな可能性を求めて始めるスポーツがラクロスなんだと思います。(もちろんそうじゃない人もいると思います)






その中で、大学生活を体育会に捧げてでも日本一を目指すという可能性にかけてこのスポーツを始めて良かった。そう思えるシーズンにする為にも学生日本一という目標は絶対達成したいし、今の関学にはそれが出来る。そう感じています。








こんな面白いスポーツはないし、ラクロスというスポーツや関学ラクロス部のみんなに出会えて本当に良かったと思う。










残り1週間でfinal。京大は強いし、今までの勝敗とかは関係ない。










絶対勝とう。










そして、11月27日最後全員が笑って終われるようにラスト1ヶ月走り抜けよう。










かなり長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。








次にブログを回すのはなっちゃんこと藤本夏綺です。彼はめちゃくちゃ温厚でフレンドリーかつ、なんといっても大きな目の持ち主です。普段からクリクリの目をしているのですがそれが一段と大きくなる瞬間があります。


それはグラボの時です。この時は目の大きさが1.5倍くらいになります。キマってます。笑




また、努力家の一面もあり死ぬほど壁打ちしてた印象があります。




finalでもなっちゃんのグラボに注目です!!


そんななっちゃんのブログに期待しましょう!よろしく!

Comentários


bottom of page